« ホームページの整理に一息 | トップページ | 法話:しんだらええがな »

J:COM緊急地震速報の端末を設置

テレビのJ:COM番組で、緊急地震速報の端末設置をPRしていたので、「安い」と思った私は、それを申し込み、本日設置してもらいました。設置費5000円で毎月850円は高い、という家族の一人の発言は、聞かなかったことにして、強行しました。うちのマンションは、昭和56年の竣工なので、耐震基準は旧式です。私が理事長を勤めた3年前に、2回目の大規模修繕工事の議案が総会で可決されました。議案は可決されたものの、大規模修繕工事の前に耐震調査をすべきでは、と言う意見が多く出たのを考慮して、大規模修繕工事業者選定に入る前に、理事会で耐震について調べました。その成果物として、耐震調査はしない、という結論の冊子を作成、全区分所有者に配布しました。結局、地震保険にも入りませんでした。鉄骨、鉄筋コンクリート造りなので、一瞬に倒壊することはなく、なんとか持ちこたえるのではという期待もあります。耐震強度が高い建物も、地震にびくともしないということではありませんから。一定の震度に対し、急な倒壊により、人の生命が奪われなければよいのです。家具の転倒などでの事故は、耐震強度とは、別の次元のことです。しかし、個人的には、地震はこわいです。何かのゆれを感じたら、不安を感じます。たとえ数秒でも、揺れより早く「地震がきます!」という声を聞いたら、何か身構えができ、少しは安心というものです。長年、早く普及しないかなと思っていたサービスが実用化され、うれしいです。ようやく、私の元に、緊急地震速報端末が設置されました。

|

« ホームページの整理に一息 | トップページ | 法話:しんだらええがな »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/545212/46345147

この記事へのトラックバック一覧です: J:COM緊急地震速報の端末を設置:

« ホームページの整理に一息 | トップページ | 法話:しんだらええがな »