« 20091203「お父さんはおじいさんになるかも知れない」 | トップページ | 神の前に歌が歌える喜びをメモ »

聖ルカのことに関連して、一言メモる

先週は、聖書の「ルカによる福音書」と「使徒行伝」を書いた医者、ルカとその関係者、テ・オ・ピ・ロ、それに聖母マリヤについてHPに書きました。また、内科、歯科、耳鼻科に行きました。先生がたは、三人とも、聖ルカに紹介してもらったような方々です。悪くなりかけたところを治療していただいており、とても幸せです。聖ルカの記事は、自分自身かつて考えたこともないような内容になりましたが、思うに、自分でも、これ以外に納得できるものはありません。聖母マリヤとテオピロについても、存分に想いをはせました。心の中に聖書の世界が、「イエスがこられた意味」について、改めて、広々と、よみがえりました。霊的には、三十代になりました。青雲の想いと、爽やかさが全身を満たしています。

|

« 20091203「お父さんはおじいさんになるかも知れない」 | トップページ | 神の前に歌が歌える喜びをメモ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事